S.O.S. NETWORK S.O.S. NETWORK

Sagamihara is our home town. There are 24 art studios and over 100 ARTISTS.
ABOUT US

「Super Open Studio NETWORK(S.O.S.NETWORK)」のメンバーは、神奈川県相模原市(及び東京都町田市・八王子市の一部)にて毎年開催している「SUPER OPEN STUDIO(S.O.S.)」に参加する20軒を超えるスタジオと、その所属アーティスト約120名によって構成されています。

S.O.S.は、2013年に相模原市が運営する「アートラボはしもと」の主催事業として活動が始まりました。もともと、このエリアには多摩美術大学・東京造形大学・女子美術大学・桜美林大学などの美術系大学が所在しており、それらを卒業・修了した多くのアーティストがこの地に留まり、スタジオを構えて作品制作を続けていましたが、このとき、そのスタジオ郡がひとつの形となって表れたのでした。

それから2年の間に参加するスタジオやアーティスト同士の関係性が少しずつ構築されて、2015年からはS.O.S.NETWORKが主体となり、現在まで活動を続けています。

そのオープンスタジオを主軸に置きながら、展覧会やトークイベントなどの様々なプログラムを、アートラボはしもとを始め、多くの方にお世話になりつつ、アーティスト・ランによって展開しています。

ARTISTS
Sort
  • studio
  • name
Search
 RESET
STUDIOS
OUTLINE

アートラボはしもと会場|10:00~18:00 休館日|水曜日
スタジオ公開時間|13:00~18:00(スタジオ公開は土・日・祝のみ)
入場無料
アクセス(アートラボはしもと)|神奈川県相模原市緑区大山町1-43(京王相模原線、JR横浜線・相模線橋本駅 南口より徒歩約12分)
※公開スケジュールはスタジオによって異なりますので、ご確認の上お出かけください。

主催
SUPER OPEN STUDIO 2018 実行委員会(Super Open Studio NETWORK・アートラボはしもと)
共催
アートラボはしもと(相模原市)
助成
公益財団法人 朝日新聞文化財団
協賛
東京造形大学校友会・多摩美術大学校友会・株式会社studio ban
後援
アートラボはしもと事業推進協議会(女子美術大学・桜美林大学・多摩美術大学・東京造形大学・相模原市)

開催によせて

「SUPER OPEN STUDIO」は、その名の通り、アーティストのスタジオ(制作場所)をオープン(公開)することに主軸をおいたアート・プロジェクトです。

本プロジェクトは、2013年に相模原市が運営する〈アートラボはしもと〉の主催事業として活動を始め、 それから2年の間に参加するスタジオやアーティスト同士の関係性が少しずつ構築されてきました。その成果のひとつとして、2015年からはアーティストによる運営団体〈Super Open Studio NETWORK〉が主体となって活動することとなりました。本年はさらに1歩進み、〈Super Open Studio NETWORK〉と〈アートラボはしもと〉によって〈SUPER OPEN STUDIO 2018実行委員会〉を組織し、これまでのアーティスト主導による運営という前提は変わらずに、さらなる運営体制の強化を行いました。

「SUPER OPEN STUDIO」の舞台となる相模原市と町田市・八王子市の一部エリアには、女子美術大学・桜美林大学・多摩美術大学・東京造形大学などの美術系大学が所在しています。それらを卒業・修了した多くのアーティストがこの地に留まり、倉庫や廃工場を改築したスタジオを構えて作品制作を続けています。その数はスタジオ数で20軒以上。所属アーティストの数では120人以上にもなります。つまり、この地域は国内最大級の「アートの生産地」と言うことができるのです。 開催期間中、各スタジオでは作品展示や公開制作・パフォーマンスなど、それぞれの特色を活かしたプログラムが実施されています。また、会場のひとつとなる〈アートラボはしもと〉では、複数名のアーティストがそれぞれ企画した展覧会を開催するほか、バスツアーやトークショー、親子向けワークショップなども行われます。

「SUPER OPEN STUDIO」を通して、作品が生み出されていく現場の空気を体感するとともに、アーティストとの出会いや語らいなどを、どうぞお楽しみください。

SUPER OPEN STUDIO 2018 実行委員会

ステートメント

スタジオを公開するようになって6年目を迎える。この6年を通して様々なことを考えてきたが、振り返ってみれば、そもそもの発端は、スタジオを公開することであった。少数の人間を家に招くように行われるスタジオビジットというわけでもなく、広く一般に公開する試みである。しかし、本来的にスタジオとはアーティストが日常的に作品を制作することを目的とする空間であり、きわめて私的な空間である。私的な、と表現したが、個人で運営するスタジオほど私的な空間はない。けれど、例えばこれが複数のアーティストによって共同で運営されるスタジオの場合はどうだろうか。当然のように幾人かのアーティストによって共有される空間は、それだけである小さなコミュニティを形成し、半ば共同性を帯びた公共的な空間となる。だからと言って、スタジオという空間を共有することが、アーティストにとっての私的な空間を損なっているということでもない。アーティストが自身の作品と向き合う時、それは少なからず内的で個人的な空間と時間が広がるものである。とすれば、共同スタジオとは私的生活圏と公共圏が重なる中間領域であると考えることが出来る。そして、スタジオを公開するこの試みはこの中間領域から私的生活圏を考え、新たな公共圏を構想することともなるのである。

これを前提として再度、この6年間で行われた様々なことを踏まえつつ、この試みをこのように言い表すことが出来るかもしれない。つまり、中間領域であるために、様々な主義や主張が多様性と差異性を失わず混在し、ネットワークによって、半ば共同性を帯びた公共的な空間としての共同スタジオという集団のみならず、他地域で活動する様々な主義や主張をもった集団を含む超集団的な状態を志向する。そして、この状態を維持するためにインフラが求められ、整備され、構築される。

この中間領域という、一見曖昧な領域が一種の内燃機関として私的生活圏で起こる思考と活動を燃焼させ、そのエネルギーを公共的な空間へと送り出し、新たな公共圏をつくり出すのだと。

Super Open Studio NETWORK 山根一晃/REV

OPEN STUDIOS
    • 10/13
      (sat)
    • 10/14
      (sun)
    • 10/20
      (sat)
    • 10/21
      (sun)
    • 10/27
      (sat)
    • 10/28
      (sun)
    • 11/3
      (sat)
    • 11/4
      (sun)
  • 01
    桶屋
    OKEYA
    10/14、10/21、10/28、11/4
  • 02
    pimp studio
    pimp studio
    10/20、10/21、10/27、10/28、11/3、11/4
  • 03
    LUCKY HAPPY STUDIO
    LUCKY HAPPY STUDIO
    10/13、10/21、10/28、11/3、11/4
  • 04
    STUDIO ISSEI / ゲルオルタナ
    STUDIO ISSEI / Gellalterna
    10/13、10/14、10/20、10/21、10/27、10/28、11/3、11/4
  • 05
    studio kelcova
    studio kelcova
    10/13、10/14、10/21、10/28、11/3、11/4
  • 06
    相原スタジオ
    AIHARA Studio
    10/13、10/14、10/20、10/21、10/27、10/28、11/3、11/4
  • 07
    アトリエボイス
    Atelier Boice
    10/13、10/14、10/21、10/27、11/3、11/4
  • 08
    RED IRON STUDIO
    RED IRON STUDIO
    10/13、10/14、10/20、10/21、10/27、10/28、11/3、11/4
  • 09
    LION
    LION
    10/13、10/14、10/20、10/21、10/27、10/28、11/3、11/4
  • 10
    モゲスタ Moge Studio
    Moge Studio
    10/13、10/27、10/28、11/3、11/4
  • 11
    Art space Kaikas'
    Art space Kaikas'
    10/27、10/28、11/3、11/4
  • 12
    クンストハウス
    Kunsthaus
    10/13、10/14、10/20、10/21、10/27、10/28、11/3、11/4
  • 13
    ESA
    ESA
    10/21、11/3、
  • 14
    二DEC
    Nidekki
    10/21、11/4
  • 15
    STUDIO 牛小屋
    STUDIO COWHOUSE
    10/13、10/14、10/20、10/21、10/28、11/3、11/4
  • 16
    REV
    REV
    10/13、10/14、10/20、10/21、10/28、11/3、11/4
  • 17
    TANA Studio
    TANA Studio
    10/13、10/21、10/28、11/3、11/4
  • 18
    アトリエ481
    Atelier 481
    10/20、10/21、10/27、10/28、
  • 19
    STUDIO VOLTA
    STUDIO VOLTA
    10/14、10/21、10/28、11/4
  • 20
    STUDIO カタクリコ
    Studio Katakuriko
    10/14、10/21、10/28、11/4
  • 21
    RMP
    RMP
    10/14、10/21、10/28、11/4
  • 22
    Bartleby
    Bartleby
    10/20、10/21、11/3、11/4
  • 23
    studio ban
    studio ban
    11/3、11/4
  • 24
    SPECIAL FEELING STUDIO
    SPECIAL FEELING STUDIO
    10/13、10/21、10/28、11/3、11/4
  • 99
    アートラボはしもと
    Art Laboratory Hashimoto
    10/13(土)ー11/4(日) 10:00ー18:00 水曜日休館 SOMETHINKSを平日でもご覧いただけます。

スタジオへご来場の際は、公共交通機関をご利用ください。また、周辺道路や近隣施設への違法駐車は絶対におやめください。みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

EXHIBITION 1
somethink

Exhibitions Planning by ARTISTS

「SOMETHINKS」は、スタジオに所属するアーティストがディレクションした複数の展覧会を、アートラボはしもとにて同時開催する企画です。
それぞれの企画者が持つ関心や制作スタイルに基づいた多様な展覧会が、共鳴・干渉・反発しながら一つの総体として見ていただけることと思います。
各スタジオの公開と合わせてお楽しみください。

会期
2018.10.13(SAT) - 11.4(SUN) 水曜日休館
時間
10:00〜18:00
会場
アートラボはしもと
料金
入場無料
片側の目、対岸の輪
箕輪亜希子、宮本穂曇
異なるメディアの2人による展示。複数の媒体を使ったインスタレーションを展開する箕輪と、絵画を主な表現媒体とする宮本。互いの見つめる繋がりを重ねることで、どのような景色が現れるだろうか。関係性の拾い方を軸にして、偶然と選択のかみ合う地点をすくい上げる。
破損観察的絵画
吉岡知秋
絵画を絵画たらしめるもののひとつに、現実とは違う姿形をしたイメージというものがある。それは表現のために画家が生み出した結果物だ。そういった本来は画家がコントロールするものを、画家そのものをコントロールすることで生み出せないか。画家を破損させてみるという実験である。
《FACE#17》久野真明/2018
169.8cm
今井貴広、内山聡、久野真明、仁禮洋志、久村卓、光藤雄介
169.8cm。壁の前の立った。蛍光灯が切れかけていた。3月にしては暖かい日だった。右手で筆を持った。鏡を見た。映った。描いた。
そんな、やった、あったが折り重なって形になった。
描いた。移った。鏡を見た。右手で筆を持った。3月にしては暖かい日だった。蛍光灯が切れかけていた。壁の前に立った。169.8cm。
《ゲリバラ読書週間》長廻亮/2017
ゲリバラ読書週間
長廻亮
“ドキッとする” “中身のなさに言葉を失うほどの" "とんでもないこと” をします。 2017年、高円寺のコクテイル書房にて行った パフォーマンス“ゲリバラ読書週間”の映像を上映 します。
Into The Air
渡利達彦
両手で絵具を掴み、その手で天井から床に垂らした麻縄を昇り降りして着彩する"Rope climbing painting"を展示する。
できるだけ誠実にやる気のある灰を残す
石居真信、劇団速度(瀬戸沙門、武内もも、竹山真煕、野村眞人、好光義也)
「もの」は、いつ道具になり作品になるのか、ものが辿る冒険を覚書きしていく「もの」の物語のパフォーマンスと、その後残される「もの」の作品の展示を行います。
STUDIO ISSEI エントランス風景
テレポーテーション
太田遼、栗原一成、小林丈人、杉内あやの、鈴木星亜、武政朋子、田中良太、明定由香里
「テレポーテーション」をテーマに、アートラボはしもと、小林アトリエ(LUCKY HAPPY STUDIO)、STUDIO ISSEIの3会場で開催する8名の作家によるグループ展。
《森の人物》尾山久之助/2017
F家の秘密
尾山久之助
モデルルームを利用したインスタレーションを制作する。この作品には二つのテーマがある。一つは人物を抽象的な造形物としていかに表現するかということであり、もう一つは自分の考える「家族」についてそのイメージを追求することである。
《茎慈童〜gold silence〜》今井裕基/2017
綴話環ーつづりわわー
今井裕基、高橋ひかり
文字とドローイングが共存する今井裕基の絵画を、私たちはどのように“読む”のだろうか。ロラン・バルトの「絵と、絵を読むために用いざるを得ない言葉の関係そのものが絵画ではないか」という言葉を起点に、言葉と絵、それらがある展示空間そのものを、一つの絵画として組み立てる試み。
《誰が気にするっての?知るはずないでしょ?人生は続くのよ!》山根一晃/2017
Something to Think About
中尾拓哉、山根一晃
2016年よりS.O.S.のディレクターを務めてきた山根一晃と、同じく2016年よりS.O.S.の評論を行ってきた中尾拓哉が、これまでS.O.S.について考えてきたことを、共に振り返り、一つの展示をつくる。2人の志向性が、S.O.S.というインフラの上でどのように交差し、展開してきたのか。プライベートとパブリックの間で問う。
《Works of Puppies Puppies》
Catch Me If You Can
イアン・ローゼン、大野晶、木村友紀、COBRA、チャドウィック・ランタネン、中野浩二、パウロ・モンテイロ、パピーズ・パピーズ、マティス・アルトマン
XYZcollectiveは、2011年7月に設立されたアーティストランスペースです。2017年夏、COBRAと数名の彫刻家が石巻を目指し北上し展覧会を開催しました。展覧会タイトルは【Do Sculptors Dream of Electric Car ? (TOYOTA prius)】です。【Catch Me If You Can】はそれに関連した“SculptureとObject”に関する展覧会です。
EXHIBITION 2

野分、崇高、相模原

《無題(the kiss #3)》
高山陽介、スタジオ前にて
野分(のわき)とは、秋に吹く強風のことです。
その野分の季節に、アーティストのスタジオ数軒とアートラボはしもとの片隅をお借りし、ささやかながらも一つの展覧会を仕立てたいと思います。
約110年前、夏目漱石は小説『野分』を発表します。三人の文筆家をめぐる小説『野分』では、登場人物の一人が次のように語ります。表現者が世間に理解されず一人ぼっちであることは“崇高”だ、と。
漱石の時代からずいぶんたちましたが、相模原及びその周辺地域で営まれているアーティストの創作の場をめぐると、この“崇高”が今なお遠く残響しているように思われます。けれども同時に、それはあまりに時代錯誤でナイーヴなものの見方とも言えます。表現はそんな実社会から遊離したものではないですし、たとえ遊離して見えたとしても、その見え方の中に既に社会の諸相は埋め込まれています。それでは、今現在、郊外の地域一帯においてどのように表現はなされているのか。秋の嵐が国道沿いの草むらをザザッとかき分けるように、崇高さは、瑣末な日常の中に瞬間的に立ち現れるものなのでしょうか。
会期
2018.10.13(SAT) - 11.4(SUN)
※但し、会場ごとに公開日時が異なります。
時間
アートラボはしもと 10:00〜18:00
各スタジオ 13:00〜18:00
会場
pimp studio、LUCKY HAPPY STUDIO 、クンストハウス、STUDIO 牛小屋、REV、SPECIAL FEELING STUDIO 、アートラボはしもと
企画
中村史子(愛知県美術館 学芸員)
料金
入料無料
WEB
http://www.superopenstudio.net/nowaki/
大槻英世
公開日
10/13、10/14、10/20、10/21、10/28、11/3、11/4
時間
13:00〜18:00
会場
REV
佐々木耕太
公開日
10/13、10/14、10/20、10/21、10/28、11/3、11/4
時間
13:00〜18:00
会場
REV
小田原のどか
公開日
10/13〜11/4(水曜日休館)
時間
10:00〜18:00
会場
アートラボはしもと
水上愛美
公開日
10/13〜11/4(水曜日休館)
時間
10:00〜18:00
会場
アートラボはしもと
片山真妃
公開日
10/13、10/14、10/20、10/21、10/27、10/28、11/3、11/4
時間
13:00〜18:00
会場
クンストハウス
斎藤玲児
公開日
10/20、10/21、10/27、10/28、11/3、11/4
時間
13:00〜18:00
会場
pimp studio
高山陽介
公開日
10/13、10/21、10/28、11/3、11/4
時間
13:00〜18:00
会場
LUCKY HAPPY STUDIO
中野浩二
公開日
10/13、10/21、10/28、11/3 、11/4
時間
13:00〜18:00
会場
SPECIAL FEELING STUDIO
山根一晃
公開日
10/13、10/14、10/20、10/21、10/28、11/3、11/4
時間
13:00〜18:00
会場
STUDIO 牛小屋
EVENT
10/13(SAT)
[パフォーマンス]できるだけ誠実にやる気のある灰を残す
「もの」は、いつ道具になり作品になるのか、「もの」が辿る冒険を覚書きしていく「もの」の物語のパフォーマンスです。
時間
20:00-20:30
会場
アートラボはしもと
出演
石居真信 、劇団速度(瀬戸沙門、武内もも、竹山真煕、野村眞人、好光義也)
企画
石居真信/ SPECIAL FEELING STUDIO
定員
30名
備考
予約不要・観覧無料
10/21(SUN)
[ワークショップ] 浮かぶ風船に青空を描こう!
※定員に達したため、申し込みは終了しました。
ヘリウムガスで浮かんだ風船に絵を描く、親子向けワークショップを開催します。
時間
13:00-14:30
会場
アートラボはしもと
出演
渡利達彦/アトリエボイス
定員
5組10名
材料費
1組300円
予約方法
定員に達したため、申し込みは終了しました。
Super Open Dialog
スタジオに所属するアーティストが、自身の作品や活動などについて紹介するトークイベントです。2016年から約2年間ほぼ毎月開催していましたが、今回1日だけ復活します。
時間
19:00-21:00
会場
アートラボはしもと
出演
STUDIO ISSEI /ゲルオルタナ、RED IRON STUDIO
定員
30名
備考
予約不要・観覧無料
10/27(SAT)
みんなでスタジオ探検!てくてく班
アートラボはしもとから歩いて「てくてく」とスタジオを巡るツアーです。このまちのどんなところにスタジオがあって、どんなところで制作しているのか、遠足気分でまわります。今回、向かうのは「モゲスタ Moge Studio」、「RED IRON STUDIO」、「LION」の3つのスタジオです。秋の橋本を一緒に探検しませんか?
時間
13:00~15:00
集合場所
アートラボはしもと
企画
アートラボはしもと
案内
アートラボはしもと美術専門員
定員
10名程度
対象
どなたでも(小学生以下は保護者同伴)
参加費
無料
予約方法
10月1日(日)より下記の方法にて、【アートラボはしもと】まで、イベント名、参加される方のお名前と人数、ご連絡先の電話番号をお伝えください。
[直接]アートラボはしもと(〒252-0146 神奈川県相模原市緑区大山町1-43)
[電話]042-703-4654(9:00-17:00、水曜休館)
[Mail]artlabo@city.sagamihara.kanagawa.jp
※小雨決行
10/28(SUN)
親子でスタジオ探検!ドライブ班
アートラボはしもとからバスに乗り「ドライブ」しながらスタジオを巡るツアーです。スタジオにはさまざまな生きものをモチーフにした作品がひそんでいます。今回、向かうのは「クンストハウス」、「アトリエ481」、「STUDIO VOLTA、STUDIOカタクリコ、RMP(この3つのスタジオは1つの巨大倉庫の中にあります!)」の3カ所です。親子で一緒に、ふしぎな作品を探してみましょう。
時間
12:00~15:00
集合場所
アートラボはしもと
企画
アートラボはしもと
案内
アートラボはしもと美術専門員
定員
10組20名
対象
小学生とその保護者
参加費
無料
予約方法
10月1日(日)より下記の方法にて、【アートラボはしもと】まで、イベント名、参加される方のお名前と人数、ご連絡先の電話番号をお伝えください。
[直接]アートラボはしもと(〒252-0146 神奈川県相模原市緑区大山町1-43)
[電話]042-703-4654(9:00-17:00、水曜休館)
[Mail]artlabo@city.sagamihara.kanagawa.jp
※小雨決行
11/3(SAT)
[トークイベント]美術のプレゼンスを確保するために
今日、日本国内の美術を巡る状況は多くの問題を抱えています。その中に「資金」についての問題があります。「資金」は様々な活動を行なっていくために必要なものです。立場の異なる登壇者が一つのテーブルを囲むように、課題を共有することで将来に向けてどういった解決策があるのかを共に考えるシンポジウムです。
時間
16:00-21:00
会場
アートラボはしもと
登壇
天野太郎/横浜市民ギャラリーあざみ野主席学芸員、加藤慶/アートラボはしもと学芸員、尺戸智佳子/黒部市美術館学芸員、中尾英恵/小山市車屋美術館学芸員、山根一晃/ REV
ゲスト
赤井あずみ/ HOSPITALE PROJECT、上田陽子/金沢アートグミ、竹林陽一/株式会社クリエイティブ・ジャングル代表取締役
※他にも様々な美術関係機関の方にご参加いただく予定です。
定員
40名
費用
500円
予約
予約不要(先着順/開始30分前に整理券配布)
WEB
https://sos2018113.wixsite.com/symposium
不定期
二デッキ観光
「二デッキ観光」は、二DEC所属アーティストの石坂翔と鮫島大輔のコラボレーション企画です。場所そのものを取り除いた「観光」という枠だけを色々な場所に持ち出します。SUPER OPEN STUDIO 2018に参加しているいくつかのスタジオに出張し、土産物屋や休憩スペースを作ります。 詳細は、二DECのFacebookページをご参照ください。
日時
不定期
WEB
https://www.facebook.com/nidekkifactory
BUS TOUR
OUTLINE
日程
10/13(土)、10/21(日)、10/28(日)、11/3(土)、11/4(日)
集合
アートラボはしもと エントランス
時間
各回ごとに異なります。
費用
参加費無料
定員
各回20名(先着順/定員に達し次第、受付終了)
予約開始日
10/1(月)
予約方法
予約フォームより受付
備考
※ご予約は予約フォームのみにて受け付けます。電話・メールでのご予約はできません。
※訪問スタジオが変更になる場合があります。
RESERVATION

バスツアーのご予約はこちらから承ります。カレンダーから予約した日付を選択し、フォームに従って予約を完了してください。

10/13(SAT)
前半の部|12:00〜15:00(11:50集合)
訪問スタジオ
STUDIO ISSEI / ゲルオルタナ → LUCKY HAPPY STUDIO→ studio kelcova → 相原スタジオ
後半の部|15:00〜18:00(14:50集合)
訪問スタジオ
クンストハウス → STUDIO 牛小屋 → REV → TANA Studio → SPECIAL FEELING STUDIO
10/21(SUN)
前半の部|12:00〜15:00(11:50集合)
訪問スタジオ
桶屋 → pimp studio → アトリエボイス → RED IRON STUDIO
後半の部|15:00〜18:00(14:50集合)
訪問スタジオ
Bartleby → STUDIO VOLTA、STUDIO カタクリコ、RMP → アトリエ481 → ESA → 二DEC
10/28(SUN)
前半の部|12:00〜15:00(11:50集合)
親子でスタジオ探検!ドライブ班 ※WEB予約はできません。詳細・予約方法は、EVENTページをご参照ください
後半の部|15:00〜18:00(14:50集合)
訪問スタジオ
モゲスタ Moge Studio → RED IRON STUDIO → LION → 相原スタジオ → studio kelcova → STUDIO ISSEI / ゲルオルタナ
11/3(SAT)
前半の部|12:00〜15:00(11:50集合)
Art space Kaikas' → studio ban→TANA Studio → REV → ESA
後半の部|15:00〜18:00(14:50集合)
訪問スタジオ
LUCKY HAPPY STUDIO → アトリエボイス → LION → モゲスタ Moge Studio
11/4(SUN)
12:00〜17:00(11:50集合)
訪問スタジオ
桶屋 → pimp studio → Art space Kaikas' → Bartleby → SPECIAL FEELING STUDIO → studio ban → STUDIO 牛小屋 → 二DEC
PAST
2017
2016
2015
2014
2013
CONTACT

S.O.S. Networkや、SUPER OPEN STUDIOに関するお問い合わせは、こちらのフォームからご連絡ください。3日以内に返信がない場合や、お気づきの点などございましたら、こちらまでお問い合わせください。